保険相談で保険を見直し素敵なライフスタイルを送る

FPにお願いする

定年退職と保険について

これまで勤め上げてきた会社を定年退職をすると、死亡保障の必要性がなくなります。そのため定年退職した時も保険見直しが必要になります。死亡保障の必要性がなくなりますので、あとは病気やけがに備えるために医療保障を手厚くする必要があります。定年退職しているにもかかわらず保険内容もそのままであると、老後資金を保険料で食いつぶしてしまうことになります。そこは保険見直しをファイナンシャルプランナーに相談をすることで、無駄な保障が何かというのが分かります。必要のない保障は省いていき、保障が足りていないものには必要なだけ保障を増やす、これが保険見直しになります。人生の節目や収支の変化には保険見直しが必要になります。

老後の生活資金の準備について

老後の生活資金は、3000万円は必要だとされています。でも、実際にそのお金を準備できる方となると準備できる方というのは限られてきます。老後資金となると貯蓄性の高い保険がありますが、総支払額と総受取額を調べてみると、雀の涙ほどの金利であまり差がないことがあります。そうなると、今から数十年後となると当然物価は上昇しています。つまり低金利で積み立てていっても物価上昇には勝てないことになります。それは、保険や貯蓄ですべてを準備しようとするからです。保険以外にもさまざまな金融商品があります。10000万円しかたまらなくてもそれを利用して老後は債権や株などの配当などで十分に生活していくことはできます。つまり保険はひとつの手段でしかなく、さまざまな金融商品を組み合わせてバランスよくすることが重要です。